CBR125R冬装備

先シーズンF700GS用に買った、電熱インナージャケット「ヒーテック」。
a0255948_14441656.jpg
a0255948_14441604.jpg
バッテリーからの電源供給のため、CBR125Rでは使えなかったのだ。
そもそも125のキャパでバッテリーが対応できるのか不安があった。

でも、せっかくのウェアが使えないのはもったいないので、電源を移設してテスト走行したみた。
a0255948_14415815.jpg

リモコンは両面テープで仮止め。
a0255948_14415892.jpg
キジマのグリップヒーターも装備しているのと、
先日、アクションカムとスマホの給電のために、
デイトナ バイク専用電源 2.1A USB2ポートを付けたので、
125にしてはバッテリー要求が高いため、一抹の不安が。

USBはハンドル用のセットなんだけど、むりやりトップブリッジに。
見た目は全く目立たないので、まあスマートに付いたかな。
a0255948_14420032.jpg

そして、友人G氏が履いていた、オーバーパンツがよさげだったので、
同じものをヤフオクでゲット。
HYOD ST-W W-1 PANTS
スッキリしたシルエットで、オーバーパンツというより直穿きですな。
a0255948_14420016.jpg

このセットで清里まわりを走ってみたよ。
今日はスッキリ晴れていたけど、そのぶん冷え込みがきびしい。
正確にはわからないけれど、多分5℃くらいだと思う。

電熱インナージャケットは最弱でも熱いくらい効果あり。
バッテリの負担は問題無いかな。
保護回路でシャットダウンされるから、バッテリー上がりは気にしないでいいので。

つうわけで、追加電源を買って装備しよう。
リモコンは高いので、なんか着脱できるように考えよう。
(リモコン無しで本体で操作できることが判明、リモコン移設は無し)


そうそう
ナップス ウェブショップのセールのメールがあり、
基本定価のYOSHIMURAのマフラーも対象だった。
このチャンスを逃すわけにはいかないと、意を決して買ったのが
機械曲げ R-77S サイクロン(チタンカバー/カーボンエンドタイプ)
a0255948_14415973.jpg

一気に質感がアップしたのだ!
小気味いいサウンドで(特にエンブレ)、ライディングが一段と楽しくなった。
■政府認証マフラー
■平成18・19年排出ガス規制および平成22年騒音規制適合
ってことだけど、ノーマルに比べればやはり排気音は大きいので、
住宅街はできるだけ低回転域で。

9000rpm以上の息苦しそうだったサウンドが無くなって、走るのが楽しい。


おしまい


[PR]
# by pu-pepi | 2017-11-24 15:22 | CBR125R | Comments(0)

premium SSTR 急きょ参戦

2014年から3年連続参戦したSSTR(サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー)
2017年5月に開催された大会は参加人数の多さ(約2500台)もあって、参加を見送った。

この夏に、第一回大会のように少人数(150人程度)で行なうプレミアムSSTRを10月14.15日に開催するとアナウンスがあった。

興味はあったが、基本、初参加優先での募集。
今回も見送る予定であった。。。。が!
締め切りの9月24日(だったか?)を過ぎても、予定人数に満たず、締め切りを9月30日まで延長。

そして9月30日。相変らず人数足りず、過去の参加者もふるって参加して欲しいとのお願いが!
ぼちぼちとレジェンド達が参加表明のなか、ほんじゃ数合わせに参加してやろうじゃん。ってことで駆け込み参戦したのであった。

さて、今回のコース。
この先行くことも無いとおもわれる、伊勢・鳥羽から琵琶湖を抜けて越前海岸を北上するルートに決め、前泊の鳥羽へ向け渥美半島の最西端伊良湖から伊勢湾フェーリーで渡りました。
a0255948_12023474.jpg
a0255948_12023456.jpg
a0255948_12023495.jpg
a0255948_12030790.jpg

さてさて、1時間弱の渡航を終え、鳥羽に上陸。
a0255948_12035991.jpg
予定の乗船時刻より1本早い便に乗れたので、明日のコースに含まる「伊勢志摩スカイライン」を走ってみることにした。
なんと営業時間が7:00〜19:00!日の出からじゃオープンしてなかったよ。

しかも二輪車でさえ880円!高か〜〜〜〜!今どきの有料道路にあるまじき高額。
しかたない、もう走ることもあるまいと支払ったのであった。

朝熊山頂展望台までのぼり、ぐるりと伊勢湾を見渡して同じルートを戻って鳥羽へ。
高い交通量払ったんだから、足湯くらいサービスしてくれよー。
a0255948_12044820.jpg
a0255948_12045033.jpg
a0255948_12045230.jpg


気を取り直して、本日の宿「磯の宿 福寿」へチェックイン。
すく前が海岸なんだけど、思ったより堤防が高くてバイクを入れ込んだ写真が撮れないねー。
a0255948_12052568.jpg

翌朝、いよいよスタート。
昨日リサーチして決めた、堤防の端っこのすこし小高くなったところを出発地とした。
あいにく霧雨で、日の出は拝めなかったけど、日の出時間にSSTRシステムに情報を送信して、いざしゅぱーつ!
a0255948_12054420.jpg
a0255948_12431318.jpg
a0255948_12432776.jpg

伊勢志摩スカイラインをはしょったので、少しは時間が稼げるかな。
途中のファミマで腹ごしらえ、イートインだったので助かるねー。
a0255948_12060314.jpg

最初の道の駅「関宿」は開店前だったので送信だけして、次の「あいの土山」へ。
a0255948_12441760.jpg
a0255948_12062328.jpg


国道1号線をひた走って琵琶湖へ向かう。

覚悟はしていたけど、大街道や町中を抜けるルートは風情も無くつまらんね〜。

道の駅草津は送信のためだけに寄ったんだけど、ここで初めて参加者に遭遇。
参加者少ないから、かなり確率低いですね。
a0255948_12070314.jpg



お別れして次の道の駅「びわ湖大橋米プラザ」へ、すぐに指定チェックポイント「妹子の郷」へむかう。
a0255948_12073358.jpg
軽く近江牛コロッケとコーヒーで出発。
a0255948_12450535.jpg
できるだけ湖畔沿いの道をえらんで、小さなパーキングで小休止。
今回一番の琵琶湖接近ポイントでした。
a0255948_12094473.jpg
a0255948_12093393.jpg


ちょっと寄り道してメタセコイヤ並木を抜ける。
おもったより距離があって、なかなか壮観。
a0255948_12105262.jpg


少し戻って「マキノ追坂峠」へ、昼食の予定だったけどここも送信のみ。
どんどん北上し、ついに敦賀湾へ。日本海にでたよ。

海沿いを走る「越前・河野しおかぜライン」は、海が間近で快適道路。
a0255948_12113418.jpg


道の駅越前で昼食。
ちょうど出発される参加者と遭遇。二人目。
a0255948_12115833.jpg

海沿い国道305号をひた走り、道の駅みくにに向かう。
a0255948_12452420.jpg
加賀ICから東金沢ICまで北陸自動車道で時短。
8号線に下りると、ぼちぼちと参加車両が目に付くようになった。
そのまま能登里山海道へ、最後のポイント道の駅高松へ。

越前で接近遭遇した参加者と再会。
a0255948_12121827.jpg


さてあとはゴールを目指すだけ。
時間的には余裕があるね。よかったよかった。

金沢では夕日があったのだけど、千里浜へ向かうにつれ厚い雲に覆われておる。
これは危ういかも。

今回の砂浜の状態が、みょうににゅるにゅるしていて、ハンドルが取られ気味。
ゴールまでに危ういポイントが5〜6箇所あり、冷や冷やもの。
a0255948_12124884.jpg
a0255948_12130276.jpg
a0255948_12132757.jpg

いつもに比べ、極端に出迎えの少ないゴール。
そのぶん、待ってる人がよく見えた。
a0255948_12133730.jpg

無事ゴールゲートを抜け、ゴール手続きをすませる。
a0255948_12374973.jpg



渋滞がないし駐輪場も近いから手早く終わってうれしいね。

a0255948_12145933.jpg
a0255948_12155435.jpg

ゲートを走っているのは、今年初めて沖縄からの参加者!ついにSSTR日本制覇。
a0255948_12155658.jpg



さあ、あとは宿でひとっ風呂あびて、夜のパーティで腹を満たすのじゃ!
いままでの食いっぱぐれの心配があったパーティと違い、
少人数で十分な食事がとれるはずだよん。
宿泊した「ちりはまホテルゆ華」の中庭がパーティ会場なので、ゆっくりできるのが嬉しいね。


主催者の風間親子。
a0255948_12182295.jpg

三好礼子さんと生涯旅人!賀曽利隆さん。
a0255948_12181730.jpg
少人数の恩恵で、ステージトークもゆっくり堪能できたし、プレゼント大会やサインも貰えたりと楽しい時間をすごせましたよ。

四国松山から参加のレジェンド。全大会フル参戦。なんと義足ライダー。顔は怖いけどひょうきんなの。
今回のドレスコードは白という決りがあったので、ビッグ白Tにアイロンプリントでゼッケンをぺたり。好評でした。


a0255948_12215364.jpg
a0255948_12324532.jpg


近くの人がサインもらっていたので、そのままペンをお借りして
礼子さんにちゃっかりサインいただく。
a0255948_12220108.jpg

賀曽利さんにもいただく。
今年70歳の旅人は、現在日本一周の最中で、このあとは西日本編に突入とのこと。あこがれるね〜。
a0255948_12220310.jpg
そしてカソリポーーーズ!どっちが若いんだか!?
a0255948_12220561.jpg
近くの人もせーのー!ダー!!!
a0255948_12220690.jpg
賀曽利さんが日本一周に使用中のSUZUKI Vストローム250。
GS買う前に販売されていたら、かなりの有力候補。
a0255948_12401123.jpg

大会後もすぐに湯船にはいれる。プレミアムな大会ならでは。





ゆっくり休養した翌朝。豪華朝食。
a0255948_12311405.jpg
a0255948_12311315.jpg

a0255948_12311045.jpg
a0255948_12310966.jpg


近くに礼子さんと賀曽利さんが止めていたので、出発前もふたたびダーーーー!
a0255948_12351830.jpg
翌朝はホテルの道向かいに出来た「のと千里浜いい道の駅」で表彰式。
風間さんとゲストのお二人。みんな嬉しそう。
a0255948_12383875.jpg



走行記録証授与と、到着時提出したそれぞれのSSTRのエピソードを、風間さんがいいなと思ったなかからの授賞式。
数組が選ばれた中に、なんとウチラも選ばれました!
a0255948_12321135.jpg
a0255948_12321122.jpg
まさかの想い出に残るプレミアムSSTRとなりました。

千里浜に移動して、恒例「一人一砂運動」を実施して
集合写真を撮って解散です。
a0255948_12325653.jpg

家に帰るまでがSSTR。
紅葉のみごとな安房峠を、気温8.5°のなか凍えながら越えて、
16:40帰宅。

今年も無事完走しました!
a0255948_12394015.jpg
a0255948_12393880.jpg



おしまい








[PR]
# by pu-pepi | 2017-11-06 14:18 | F700GS | Comments(0)

ブースタープラグ装着

タンデムのためフロントスプロケットを15Tにしていたものを(ノーマル17T)
ETCつけたので16Tにアップして、高速道路巡航含め
おおむねいい感じなのだけど、やはり発進は気を使う。

唐突にエンストすることが何度かあり、
バイク小屋から出庫する際、ついに初の立ちゴケをやらかしちまった!

幸いゆっくりと倒れたので、ダメージはほぼ皆無だったけれど
なんかこれじゃ安心して乗れないねー。

回してクラッチつなぐと、どうしてもイメージよりオーバースピードになるため
かつての歴代バイクのような感覚だと、一瞬にしてストールする。
エンジンレスポンスを優先してフライホイールマスが少ないのかなー?

とうことで、以前から気になっていたブースタープラグを装着することにした。
温度センサーに介入して、標準より6%ガス濃度を上げるという代物。

以下商品説明
Booster Plug(ブースタープラグ)は吸気温度センサーとインジェクションECUの間にセットするだけでインジェクションの燃調を濃く(リッチ)して、これらの問題を解決し、ドライバリティを向上させようという製品です。

Booster Plugの効果

Booster Plugを装着した場合、以下のような効果が期待できます。

  1. スロットル開閉時のレスポンスがよりスムーズに改善されます
  2. 低回転域のトルクが向上します(トルク向上により、実用回転域が下がり燃費の向上も期待でき ます)
  3. 低速時のノッキング、ドンつき等が改善されます
  4. アイドリングが安定します
  5. 社外マフラーを架装車両に起こりがちな、アフターファイヤーを低減します


楽天のユーロダイレクトで購入

箱にもはいってなくて、こんなんで届きましたー。(あいぽんはサイズ比較)
a0255948_14304401.jpg

中には、取説・本体・ステッカー2枚・謎のケース?
謎のケースはなぜか耳栓?オマケなんかな。
a0255948_14304442.jpg

早速取付。
結構タイトでどこに収めるか色々試して、この状態でセット。
撮影関係で使うパーマセルテープはインシュロック的な使い方で重宝します。
糊残り無いし、耐久性もあるし。
a0255948_14392894.jpg

ブースタープラグの温度センサーの取付位置ですが
エンジン・ラジエター熱の影響無く、走行風の当たるところってことで
ケーブル長の制約もあって、ここに。
a0255948_22465588.jpg



ここはエアクリーナーへのインテークで、直射日光も当たりにくいのでいいかなと。
取説には直射日光のことは特に記載がないので、それほど気にすることは無いかとは思いますが。。。
a0255948_14392931.jpg

このように、カウルステーにインシュロックで固定。
さらに念のために日除けをPP板で作る。
a0255948_14304796.jpg



強力両面テープで固定。
a0255948_14393092.jpg



正面から見るとこうね。
ライト下には本来の温度センサー。
やはり直射日光があたらないところについてるからねー。
温度計のためだけなのか、インジェクションにも使われているのかはワカリマセンン。
a0255948_14393009.jpg

実走行しての感想。

常用回転数は3000rpm以下では心もとなかったものが
2500rpmでも使えるようになった。

燃費はスプロケットを上げた効果もあり、平均24㎞/ℓから25㎞/ℓに向上。(タンデムでの数値)
いまのところ発進時のストールは発生していない。
導入は正解かな。




おしまい

[PR]
# by pu-pepi | 2017-10-06 15:28 | F700GS

ねむの木学園こども美術館ツー

またまた美術館めぐり。

9月26日。

[PR]
# by pu-pepi | 2017-09-28 11:43 | F700GS | Comments(0)

奈良美智展ツー

9月19.20日、愛知県豊田美術館で開催中の奈良美智展を観るツーへ行ってきたよ。
中央道諏訪ICからは一般道の国道152号をひたすら南下。

せっかくなので、通ったことのないマイナーな県道を抜ける。
これまたタイトな剣道でした。
a0255948_23055087.jpg

大鹿村を抜け国道153号をひた走り、6時間を超えて到着しました。へとへと。
a0255948_22361936.jpg
a0255948_11442501.jpg
a0255948_11443083.jpg
a0255948_22361958.jpg



1時間半ほど観て、休暇村茶臼山高原に向かう。

出発時にヘッドライトの玉切れがあり、近くのイエローハットでバルブを買って装着。
a0255948_22362036.jpg
a0255948_22362064.jpg
1時間半ほど走って6時に到着。
あーつかれた。
a0255948_23055026.jpg
翌朝の部屋からの眺め。
すっきりしない天気だったけど、晴れたらきれいな景色だろうなー。
a0255948_23132250.jpg
a0255948_22362174.jpg
a0255948_22362252.jpg
帰りも南アルプス沿いをひたすら北上。
国道152号の不通区間の迂回ルートは、なかなかハードな極小ワインディング。
おまけに台風の影響で、堆積した小枝や葉っぱがそのままで、気を使いまくり。
a0255948_22362331.jpg
a0255948_22362447.jpg
a0255948_22362415.jpg
あー思う存分走った走った!


おしまい


[PR]
# by pu-pepi | 2017-09-25 23:14 | F700GS | Comments(0)


ぷーぺぴな日々の記録


by pu-pepi

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
F700GS
CBR125R
DS250
リトルカブ
バイク

ぷーぺぴな日々
トレッキング
ウサギ
ネコ
野鳥
マック

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月

フォロー中のブログ